【インビザライン】治療開始までの期間は?実体験をもとに治療の流れを説明!

インビザライン

こんにちは、れいぽんです。

今回はインビザライン治療の流れについての記事です。

実際に私が受けた治療の流れを体験にもとづいてご紹介します!

歯医者さんを探す

1番大切なファーストステップです。

インビザライン治療を行っている歯医者さんを探しましょう。


この先、永遠に通うことになるので自宅の近く通勤途中にある歯医者さんにすることを強くオススメします。


「〇〇駅 インビザライン」「〇〇区 インビザライン」などで探してみましょう。


または、invisa Dr.という運営会社が認定したインビザラインの治療を行うドクター達を検索できるサイトもあります。

サイトのURLはこちら


紹介数は少ないですが、都内で診療しているドクターの認定数が多いため都内を希望する方には良いかもしれません。


私が実際に通っていたドクターも顔写真つきで紹介されていました。


症例数によってランク付けもされているのでドクターの経験値という点で選定の目安にすることができます。


無料相談をする

カウンセリングの画像

インビザラインを始めるには高額な料金がかかります。

絶対に無料相談に行くことを忘れないでください!


まずは無料相談をしてみてドクターがどんな治療を行うか聞いてみたり、疑問に思っていることをすべて聞いてみましょう。


ちなみに、私はこのようなことを聞きました。

  • いくらぐらいかかるか
  • 痛みはあるか
  • 失敗することはあるのか
  • メリットとデメリット
  • 親知らずを抜く必要があるか
  • どのくらいの期間がかかりそうか
  • 支払方法(分割時の金利)

事前にネットで調査していたので、もうわかっているようなことも含まれますが、それでも真摯に答えてくれるかどうか確認のために聞きました。


また、セカンドオピニオンをすることも重要です。

一つの歯科だけでなく何か所か無料相談へ行き、同じ質問をしてみると良いです。


質問に対して納得のいく答えをくれるか、どちらの歯科の説明の方が信頼できるか等を見極めたり、値段の比較などのためにもセカンドオピニオンを行うことが大切です。


精密検査をうける

治療で使うマウスピース(アライナー)を作るために、まず精密検査を受けます。


口腔内写真、レントゲンなど口内の詳しい情報を集めるための検査です。


ちなみに検査料金は¥43,200(税込み)でした。


実はこの検査、インビザライン治療ができるかできないかを検証するための精密検査なんです。


つまり、\43,200払って「あなたはインビザライン治療ができます」「あなたはインビザライン治療ができません」の判定を出してもらうのです。


高い検査料です。


ほとんどの場合は治療OKとなりますが、歯が極端に少ない人などは歯の移動距離が長くなることで治療を受けられないこともあります。


さて、ここからはどのような検査を受けるかです。


私の場合はまずレントゲン室に入り、歯の画像を撮影しました。
口にゴムのようなものを咥えて装置の前に立ち、自分の顔周りを機械が一周する検査でした。


イメージ画像です。↓


次は治療台に横になり、口腔内の写真撮影です。

これはめちゃくちゃアナログな方法で、器具を2つ口の中に入れて左右にイーっと患者本人が引っ張り、それを助手の型がデジカメで撮影するという方法です。

こちらのTwitter投稿画像がわかりやすいです。


私は、横になった状態で透明器具を自分自身で持ち、上方向から歯科助手さんに撮影されました。


上の歯を撮影するときは温かい鏡を口の中に挿入されて撮影されたりもしました。


これ、意外と疲れます。


全て合わせて1時間くらいでしょうか。


歯科によって精密検査の工程は違うようです。


私はこの段階では歯の型どり(iTero)の実施はありませんでしたが医院によってはこのタイミングで 型どり(iTero)をするところの方が多いみたいです。


型どりは、歯の3D画像を作成するために実施します。

型どりの詳細についてはこの後に記載します。

治療計画の説明をうける

その後、レントゲンの結果を受けてドクターがどのような治療になって行くのか説明してくれます。


私の場合は、顎が通常よりも小さいため歯と歯の間を少しずつ削って歯並びを整えていくこと。


削るのは1mmほどなので歯や身体に悪影響はないということ。


親知らずはすぐに抜かなくてもインビザライン治療を開始することができること。


虫歯があるのでそれを治療してからでないと治療の開始はできないこと。

などの説明を受けました。


そして一番大切な料金についてこの時に「治療費用の総額はこの値段になります」と言われました。


この後のステップとして、 虫歯のある人は虫歯治療へ、虫歯のない人は型どり段階に進みます。


もちろん、この時点でインビザライン治療はやらないという選択肢もあります。


歯科助手さんに精密検査料金も払ってこの段階でやめる人なんているんですか?


と聞いたら治療費が高すぎてやめる方もごくわずかですがいますよ。と言っていました。


虫歯の治療 ※必要な場合のみ

インビザライン治療を開始するためには虫歯があってはいけません。

虫歯があった場合は虫歯治療が完了しないと矯正スタートができないのです。


理由としては、治療の途中で歯形の変化があると、マウスピースが歯に合わなくなり矯正の妨げになるから。


虫歯を削って詰め物をしたあとは歯の形が多少変化しますもんね。


マウスピースが合わなくなると、最初から型どりのやり直しになってしまいます。


そのため口内トラブルは矯正治療をする前に済ませておくことが大事なのです。


実際私は虫歯治療に1か月ほどかかってしまいました。(トホホ。。)


皆さんはまず、虫歯が完全にない状態にしてから精密検査→型どりをした方がいいです。


型どりをする

いよいよ型どりです。


この時点ではもうインビザライン治療を開始する覚悟と高額料金を支払う覚悟をされていることでしょう。


さて、型どりとは何かをご説明します。


先ほど精密検査の説明でも書いた通り、この型どりを精密検査とともにする医院もあるようです。


しかし、私の場合は精密検査→虫歯治療→型どりという順番だったため、実体験通りの順番でご紹介したいと思います。


個人的に虫歯治療完了→型どりの順番であることが重要だと思っているので、(理由は先述した通り、マウスピースの型が歯にフィットしなくなるのを避けるため)各医院の治療スケジュールを聞いて判断してください。


インビザライン治療のマウスピースを作るためには患者の歯の型をとるために、iTeroという機器を使ってスキャンします。


この機器を使って歯をスキャンすると、カラーで自分の歯の3D画像を作ることができるのです。

実際のスキャン方法はこんな感じ。

白い器具を歯にあてスキャンします。


ピっという音の後に横の歯に移動。ピっという音でその横の歯へ移動・・・

といった感じですべての歯に押し当てていくと、あっという間に画面上で歯の3Dが出来上がっているのです。


患者としてはずっと口を大きく開けているので少しだけ顎が疲れます。


私は30分くらいかかって完了しました。


料金の支払い

iTeroで型どりが完了したらそのまま治療費の支払いをしました。


もちろん全額ではなく、頭金です。


頭金を支払うことでマウスピースの発注をしてくれることになります。


私は頭金として¥200,000の支払いをしました。カード払いです。


残金についてはその後の定期通院の時に都度支払うことになります。


私の通っていた医院では、支払い計画書のような紙に患者自身が支払う料金を記入します。


探したのですが、私の実際の計画書がなくなってしまったみたいなので、似たようなものを簡易に作ってみました。

(例)こんな感じのイメージ ↓
   年・月・分割料金のところを手書きで書きます。

全額はひとそれぞれ違います。\700,000の人もいれば\1,000,000の人もいるでしょう。


年月は基本的に定期通院で行く予定月で記載します。(来院したときに払うため)


2か月ごとに通院する医院が多いので基本的には2か月ずつ支払うことになるでしょう。


支払う料金については自分の好きな金額を記載することができます。


定められた期間中に全額が支払い完了となるように計画書を作れば月々がいくらでも問題ありませんし、無金利なところがほとんどです。(金利がかかるかどうかは必ず無料相談時に確認すること!)


私の場合は2年間のうちに全額払えばOKでした。


1年で一気に支払う人もいれば、2年かけて支払う人もいます。


もし金銭的な不安がなければ確定申告 医療費控除に該当する治療なので1年で多く支払えば還付金も多くなりますね。


ドクターが治療計画を作成

このフェーズはわたしたち患者に直接的な関係はないです。


ドクターが3D治療シミュレーションソフトを使用して歯の移動をシミュレーションし、各患者の治療計画を立てます。


このシミュレーションにより1個目から最後のマウスピースまでのスケジュールが決まります。


そのためドクターの経験値や症例数によって矯正期間やマウスピースの使用個数も変わってくるのです。


作成後はアメリカにあるアライン社へデータを送付します。


アライナー(マウスピース)作成依頼から日本到着までは大体2~4 週間ぐらいかかります。


私のときはちょうどクリスマスを挟んでしまったこともあり3週間強かかりました。


治療開始

マウスピース(アライナー)の受け取り

ようやくアライナーの受け取りです。(3週間後ですね)


この段階からようやく矯正開始となります。


通院するとまず記念すべき1つめのアライナーを装着します。


装着した状態をドクターに診てもらい、診断をもらいましょう。普通は問題ないはずです。


その際ドクターからはこれぐらいの期間でアライナーを変えていきましょう。という指示が出ますので指示通りの期間が過ぎたら2つめのアライナーと交換しましょう。


一番最初は2週間ごとの交換といわれるはずです。


アライナーは通常箱に入った状態で届きます。


箱の中にはアライナーが個包装でパッキングされています。

これがアライナーです↓

このMichelleさんという方は10 of 43 と書いてあるので、43個分のアライナーを進めていることになりますね。


この時点では10個目のアライナーを使用中。


ちなみに私の第一弾目は全48個のアライナーとなりました。


48個を2週間交代でつけるので、ざっと考えて1年間ですね。


このアライナー総個数は歯並びが悪い人(なおすまでに時間がかかりそうな歯並びの悪さ)ほど個数が多くなり期間も長くなります。


48個はだいぶ多いほうなので私の歯並びは・・・・・。


まあともかく、これでインビザライン治療の始まりとなります!


ちなみにアライナーは1日20時間以上は絶対につけましょう。できれば食事中をのぞいた22~23時間はつけておいた方がいいです。


着ける時間が長ければ長いほどスケジュール通りもしくはスケジュールより早く理想の歯並びに近づきます。


余談ですが、ケースもついてきます。 ↓ 私はこちらの方と同じものをゲットしました。


定期通院

基本的に2か月ごとに通院をする医院が多いです。


きっちり2か月で行かなくても3か月に近くなっても大丈夫。


ワイヤー矯正では2週間ごとに通わなければいけないので、それに比べるとインビザラインは通院回数の負担が少なくなります。


診察内容としては、計画通りに進んでいるかドクターが触ってチェックをします。


問題がなければ終了でまた2か月後にきて下さい、となります。


問題があった場合でもドクターから指示がでるはずですので安心してください。


アタッチメント

慣れてくるとアタッチメントをつける段階に入ります。


アタッチメントとは歯の表面に付ける凸凹の半透明の突起物のことです。


これを歯につけてマウスピースをつけると歯の移動力を補助的に手助けしてくれます。


つまり移動するときに歯にかかる力を細かく調整してくれるのです。

私も開始4か月目くらいからアタッチメント開始されました。


つけない状態よりも少し目立ってしまいますが(何か付いてる感がある)、誰かに指摘されたことはなかったので、アタッチメントはつけた方がいいと思います。


ゴムかけ

矯正スケジュールがうまく進んでいない場合、つまり歯の動きが鈍い場合は、アライナーにゴムをかけてゴムの威力で歯の動きを補助することがあります。


私も最後の方で3か月ほどつけていました。


バレるかな~と思いながら過ごしていましたが、大きく口を開けたり、歯を見せるような笑顔にならない限りはバレませんね。


仕事中はパソコンとにらめっこ状態ですから、誰にもゴムの指摘をされたことはありませんでした。


実際の写真を載せてくれてる方がたくさんいました。↓

保定期間開始

アライナーが最終個まで終了し、自分の歯並びに満足した場合はそのまま保定期間に入ります。


矯正が終了しても、歯はもとの位置に戻りたがります。それを戻らせないための保定期間となります。


この期間はいつも使っているアライナーよりももう少し強度の高いリテーナーを使用します。


作成するには毎度おなじみiTeroです。ここまでくれば皆さんiTero診察もお手の物でしょう。


私の場合はビベラリテーナー(vivera retainers)というアライン社が提供する装置でした。


期間は人によって違います。半年~数十年。


「最初は食事の間だけ外す」状態から「6時間だけ外す」「12時間外す」「寝ているときだけ着ける」と移行していきます。


現在の私は就寝中だけつけて昼間は一切つけていません。


さいごに

本記事ではインビザラインの治療について開始前から終了後までの流れを説明しました。

治療を新しく自分に取り入れるって決断力がいるだけでなく、調査時間も必要で途中めんどくさくなっちゃいますよね。

やってみたいけど流れがよくわかんないし色々調べるのも・・・という方に向けて私の実体験をもとに紹介してみました!

この情報がどなたかに少しでも役立ち、インビザライン仲間となってくれるといいなあ。

にほんブログ村 美容ブログ 歯列矯正へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ アラサー女性日記へ
にほんブログ村
楽天市場
インビザライン デンタル
れいぽんをフォローする
れいぽんのWeblog

コメント

When you comment, type in Japanese.